プレリュード3代目前期型、私が試乗して一発で気にいった車

試乗の感想

  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

プレリュード3代目前期型、私が試乗して一発で気にいった車

私はホンダのプレリュード3代目前期型に20年近く乗っていました。新卒であった私は安い中古車しか買う気が無かったので原チャリで中古車屋を回って物色していましたが、色、値段、スタイルでホンダのプレリュードに目をつけました。私も20代前半と若かったのでスポーティカーに乗りたくてしかたなかったのですが、そんな私の目に止まったのがプレリュードでした。

早速試乗させてもらったのですが、可もなく不可もなくという感じで特に不満を覚えなかったのでこの車を百数十万で購入することにしました。それから20年前後の長きに渡り私の愛車として活躍してくれたのですが、燃費の悪さと故障の多さに辟易し、車検を期にとうとう手放して(廃車処分)しましました。今にして思うとその決断が正解であったかどうかは微妙なところ(多分、不正解)なのですが、いくら現代の最新のテクノロジーを持った車に乗ってもあまり満足できずに、今でもプレリュードをもう一度手にして(レストアでいいので)乗ることにしか興味がありません。

確かに性能的にはFFであり、パワーも2000cc、140馬力と特筆すべき車では無いのですが、さすがに20年近くも乗っていると愛着がわいてしまい、他のスポーツカー、スポーティーカーを乗り込んだ経験が無いためにあの車の低重心による旋回性能が基準となっているため最近の車では満足できずにいます。今の時代ではリトラクタブルヘッドライトは法律で禁止となってしまったのですが、昼間でもポール代わりになるので結構重宝するものでありました。

現在ではトヨタのアリオンに乗っているのですが、これがバイク、現チャリ、他の車にナメられるナメられる、プレリュードに乗っていた時代には考えられないことですが、アリオンは見た目は老人が乗っている車に見えるらしく、平気で原チャリに横抜きされるは、後ろの車にあおられるわでストレスがたまりまくりです。ひどい時など右折待ちで止まっていたのですが、その前にバイクが横入する始末であり、車によってこうも他のバイクや車の態度が違うのかと閉口する思いです。

まあそんな事はさておいて、私の今の唯一の望みはあのプレリュードにもう一度乗りたいという他に無く、レストアでも中身が別物でもいいので外観はあのプレリュードをもう一度手にしたいという願いしかありません。何とかお金を貯めてあのプレリュードのレストアでもいいので手にして今度は手放すこと無く永久に死ぬまで大切に乗ってゆきたいと思うくらいに思い出に残っている車です。

1
5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ

次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ