エスティマハイブリッドお気に入りの試乗・愛車

試乗の感想

エスティマハイブリッドお気に入りの試乗・愛車
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
  • 藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!

エスティマハイブリッドお気に入りの試乗・愛車

私の愛車は、トヨタエスティマハイブリッド(グレード名:X,型式:DAA-AHR20W,2006年モデル)です。このエスティマハイブリッドは、優れた走行性能、静粛性を実現させるために、「ハイブリッド・シナジー・ドライブ」の考えのもと開発された「THS II」を搭載しており、発売当時は「平成22年度燃費基準+20%」を達成するとともに、「平成17年基準排出ガス75%低減レベル」の認定を国土交通省から取得している車でもあります。私のエスティマは8人乗りで、平均燃費は20.0km/lとメーカー情報では発表されています。

このエスティマに乗る以前は、軽自動車に乗っていたのですが、8名乗りのミニバンを購入する必要が出てきたために、4年前購入しました。今となっては、市場でも一般的となったハイブリッドカーですが、当時はとても珍しいものだったのではないかと思います。まず、乗り心地ですが、ハイブリッドということもあってとても静かです。試乗をした際に、その乗り心地に思わず惚れてしまいました。特に車輪の回転によって、バッテリーに充電した電気でモーターを回転して走行するモード(モーターモード)の際は、さすがはハイブリッドカーという感じで、静かにスーッと優しい加速で動いてくれます。ナビに表示されているエネルギーモニター画面を見ると、ガソリンとモーターどちらで走っているのか、充電しているのかが一目見ればわかるようになっているので、エコ運転を心がけようと意識しやすいです。

現時点での平均燃費も表示されるので、私は「今日はどれだけ良い燃費で運転できるのか」をゲーム感覚で、毎日好記録を目指して運転を楽しんで行っています。以前が軽自動車なので当然なのですが、馬力がまったく違うためにスムーズな加速には本当に感動しました。シガーソケット以外にも、コンセント充電用の口も付いているので、車内で携帯や、必要な電気機器の充電をハイブリッドシステムで貯めた電気を使いながらできてしまうなど、1石2鳥なとても便利な車です。なるべくエコ運転を心がけてはいますが、実燃費は12キロ前後になっています。

これは、普段走っている道路の状況にもよると思いますが、2006年製のミニバンの中では優秀なのではないでしょうか?もともとはキャンプが好きだったので、人を大勢乗せれて、道具もまぁまぁ乗り、燃費もいい車種が良くて、値段もリーズナブルな…というわがままな願いを叶えてくれる車はないかな?と探していたら出会った車でした。一番後ろの3人用の後部座席の幅や、荷物のトランクが他のセレナやステップワゴンと比べると少し狭いことだけが気になりますが、総合点でみるとおおむね満足している車です。

1
世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ

誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!